営業マンに寄りそったシステムを

5月 26th, 2017 Posted by admin

SFAの導入失敗の理由が、営業マンがそっぽ向いた・・ということ。ちょっと悲しい理由でもありますよね^^経営陣が、営業マンたちの負担軽減、そして情報の一元化と透明化のための多額の投資をしたものの、使い勝手が悪過ぎて営業マンが入力を拒否、ということがあるそうなんです。

これって、何もSFAだけの話しではないかもしれませんね。新しいシステムを導入しても、実際にそれを使う担当者の負担が大きければ利用は長続きしないことも。

ではどうやったら営業マンがそっぽ向かずにSFAを利用し続けるのか、それは営業マンに寄りそったシステムを最初から導入することです。多少期間がかかったとしても経営者、営業マン、そしてSFAを提供している会社の担当者を含めて会議を行い、一番営業マンにとって使い易くカスタマイズも可能なシステムを選ぶこと。これが大きなポイントとなります。

費用や規模、機能なども重要ですが、それを使う人が無理なく続けられるもの。そんなシステム選びをおすすめします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>