ターゲットを絞り込むこと

3月 15th, 2017 Posted by admin

SFAの機能のひとつにリスト管理、あるいはターゲット管理と言ったものがあります。これは、SFAにおいて非常に重要なポイントとなるターゲットを絞り込むための機能なんですが、なぜターゲットを絞り込む必要があるのでしょうか。

ターゲットを絞り込むと言うのは、例えば今雑誌やバラエティ番組で紹介され話題となっている和のチョコレート。これを紹介しようとするとき、どんな人たちをターゲットにすればチョコレートの売り上げは上がるでしょうか?

60代、70代の男性より、20代、30代の女性、しかもそれまでにチョコレートの購入履歴があったり、チョコレートのページの閲覧履歴がある女性。ここにターゲットを絞りこみ、集中的にメールやメルマガを送る。これによって、無駄の無い宣伝ができるというわけですね。

もちろん、60代、70代の男性にだってこのチョコレートの宣伝をしても良いでしょう^^しかし、昭和世代の男性にはもっと別の興味を持てる素材があるはず。それらをマーケティングして宣伝する方が、やはり効率的ですし売り上げも上がることでしょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>