紙の資料、書類からの脱却!

12月 10th, 2016 Posted by admin

仕事が順調になればなるほど、顧客が増えれば増えるほど大変になるのが営業情報の管理ですよね。

情報量が増えるということは紙の資料や書類もそれだけ増えてしまいます。その中から、今、必要としているものを探そうとした時。。どれだけの時間と手間がかかってしまうんでしょうね。

もし、同じ部署の営業マンが外出中に資料を探してほしいと電話をかけてきたら・・。デスクには山積みの資料や書類。どこかにあるのは分かっていても、それを探し出すのは大変ですよね。それに、探さないといけないスタッフだって自分の仕事があるわけですから。

SFAの機能を使えばこの作業はほぼ無くなると言っても良いでしょう。営業プロセスはすべてクラウド上の日報に入力するので、部署内の営業マンが今どんな商談を抱えているのかが一目瞭然。そのため、そこで必要な資料や書類もそこからすぐに取り出すことが可能です。外出先でスマホやタブレットから自分が今必要とするものをすぐに取り出すことができるんですね。

また、紙媒体を必要としなくなるので、資源の節約にも大きく貢献します。

顧客を満足させるにはお金がかかります

11月 16th, 2016 Posted by admin

このタイトルの意味、わかりますか?私は全く意味がわからなかったんですよね。商品開発にコストがかかるから?それとも、より贅沢な素材を使って製品を作るから?

違っていたんですね~。顧客満足度を上げるためには、様々なマーケティングを行い、そこから得られた情報を顧客に提供。あるいはイベントなどを開催してそこで直接顧客とコミュニケーションを取ったり。またメルマガを発行したりコールセンターを開設したりと、このようなところにお金がかかってしまうんです。潤沢な資金がある会社であれば、これらのこともいとも簡単に行っているでしょう。しかし、今の時代にそのような会社がどれだけあるでしょう。

とくに中小企業ではこのようなことにあまりお金をかけたくないハズ。そこで登場するのがCRMなんですね。

低コストで顧客満足度を上げることができるツール。仕事の無駄を無くして効率化を図り、営業、マーケティングにおいてもターゲットを絞ったデータが出てくるので、無駄の無い営業が実現できるんだそうです。

モバイルデバイスのバックアップ

11月 6th, 2016 Posted by admin

スマートフォンなどのモバイルデバイスが普及したおかげで、BYOD(私物端末の業務利用)が当たり前になりつつあります。だからこそモバイルデバイスのバックアップは、以前よりも重要になっているそう。企業のIT部門は従業員の私物であるモバイルデバイスには、企業情報を保存していないと考えてバックアップの対象から外してしまうケースがあります。が、バックアップ対象は企業のネットワークに接続可能な全デバイスでなければいけません。だからこそクライアントパソコンやサーバだけでなく、スマートフォンやタブレットもバックアップの対象にしなければならないのです。さらにIT部門は、従業員個人にバックアップを押し付けてはいけません。クラウドストレージサービスや外付けHDDなどにバックアップするように促すのは論外。大抵の従業員はバックアップする時間もやる気もないはずだからです。大切な情報を守るためにバックアップは企業が行うべきことだと考えておいた方が良いと思います。

営業プロセスの可視化ってそんなに大事?

11月 3rd, 2016 Posted by admin

SFAのメリットとして営業プロセスの可視化が挙げられていますが、営業プロセスが他の人にも見られて良いのかな?という疑問もわいてきます。。

なぜ営業プロセスの可視化が必要なのか。それはトップクラスの営業マンの営業方法がどのようなものなのかを他の営業マンに理解させるため。トップの人から見れば迷惑なツールですが、自分でも気づかない営業方法を使っていたり、当たり前のように行っていたことが実は画期的だったりと、自分自身をより深く理解できるツールでもあるんです。それをタダで見られるほかの営業マンにとっては嬉しいツールですよね^^方法を盗むことで自分も営業成績を上げることができるわけですから。

営業がうまくいかない営業マンは自身の問題点が可視化されるので、他の営業マンからの指摘をもらうこともできます。自分の弱いところを見られるのであまり良い気はしないと思いますが、それは致し方ないですよね。このようなことをしっかりと理解した上で可視化されるのであれば、会社全体の士気も上がり、良い営業現場になるのでは?と思います。

https://knowledgesuite.jp/service/sfa-dounyu.html

無料で使いやすい日報テンプレート

10月 19th, 2016 Posted by admin

営業部門に日報制度を義務付けている企業は多いと思います。商談の進捗状況を把握したり、営業の悩み事や改善点を提案するなど日報の活用方法は実にさまざま。だからこそ使いやすいフォーマットやテンプレートを使いたいものです。そこで今回は無料で使える日報テンプレートを紹介したいと思います。エクセルに慣れている企業ならば『Excelフリーソフト館』のテンプレートを活用してみてはいかがでしょうか。タイムスケジュール式になっているので、営業担当者が1日をどのように過ごしているか把握したい場合に便利なんですよ。日報以外にも企画書や報告書などのビジネス文書に使えるテンプレートが多数用意されています。またメールで日報を送る企業向けには『メール送信用テンプレート』がオススメ。メールならスマホからでも日報送信が可能なので、営業業務の時短にもつながりますよね。無料で使える日報テンプレートを活用するのも良いですが、最近は情報共有ができるという観点からSFAの日報を利用する企業も増えているそう。どちらにしても組織やチームにとってタメになる日報を残していきたいものですね。GEOCRM

営業スタッフにはしっかりと理解してもらうこと

10月 16th, 2016 Posted by admin

営業支援システム SFAの導入の失敗って、意外と多いんですね。そのせいか、導入に失敗しないための対策!というものを、IT関連のサイト内でよく見つけるんですよね。

今日もそれらしきものを見つけたんですが、そこには、日報の記入、報告書の記入を煩わしい、負担が大きくていやだ・・と思っている社員には、SFAを利用することがいかに効率的で営業力をアップさせるのかをしっかりと理解させることが大事なんだそうです。

きっと営業スタッフは、新しいシステムの導入でこれまでよりもかえって仕事量が増え、効率化の逆を行ってるじゃん!と思っている人も多そうですよね。

それは、「これが新しいシステムだよ!うまく使って商談をたくさんまとめてね!」と上からの指示のみで導入されると、現場の社員は戸惑ってしまうんですね。

SFAを利用することで、営業スタッフが自分の商談プロセスを確認したり、商談制度を高めたり、売り上げアップに貢献できるシステムであることを導入前にしっかりと叩き込んでおくこと、これがまずは大切なんだそうですよ。

a

進化を続けるSFA

9月 16th, 2016 Posted by admin

営業プロセスの可視化、そして営業活動を効率化できる営業支援ツールのことをSFAと言いますが、今も進化を続けているシステムなんだそうです。

スマホやタブレットの進化から見てとれるように、やはり最も進化しているのはスピード、ということかもしれません。スピードが上がることで人の手間が省かれるようになったり、効率化が実現できるんですよね。

また、他のシステムやツールとの連携により、営業全体の仕事のスピードアップも可能となっています。SFAを導入する前から利用していた社内のSNSやスケジュール管理などのグループウェア、予算やレポート作成用のアプリなど、これらのシステムと連携させたり同期させたりすることで、さらに時間と手間が省かれているんですよね。私自身もこのような連携、同期によって助かっている部分が非常にあります。

そして、クラウド型のSFAの登場がコスト削減、設備課題の解決にもなっていますよね。サーバーを設置したり専門のスタッフも必要なく、保守、管理の負担がなくなったこともまた、大きな進化と言えるでしょう。

参考:ligincのCRM比較記事

顧客に対しても良い影響が

9月 9th, 2016 Posted by admin

顧客行動分析や管理ツールを導入することは、導入した会社にメリットをもたらすだけではなくて、顧客にも良い影響があることを知っていますか?

顧客管理などのツールには、これまで営業マンしかもっていなかった顧客、企業の情報を会社全体で可視化できる機能があります。まぁ、営業マン側からすると自分の動きや営業の方法、もしかして失敗?と思えるような行動まで他の人に見えてしまうので、少々窮屈なツールにもなってしまいますが^^

それでも、営業計画、顧客情報分析などこれまで多くの時間を費やしてきたものが大幅に効率化されるわけですから、営業自体にもっと時間をかけることができるようになりますよね。

そして、この効率化こそ、顧客に良い影響が出るんです。営業マンがスムーズに業務を行うことで、顧客となる企業は次の事業計画、改善点、変更点などをすぐにアクションを取ってもらうことができるようになるんです。

顧客となる会社としては、このように最新のシステムを使いこなし、効率化が進んでいる会社とお付き合いしたいですね^^

顧客に対しても良い影響が

9月 9th, 2016 Posted by admin

顧客行動分析や管理ツールを導入することは、導入した会社にメリットをもたらすだけではなくて、顧客にも良い影響があることを知っていますか?

顧客管理などのツールには、これまで営業マンしかもっていなかった顧客、企業の情報を会社全体で可視化できる機能があります。まぁ、営業マン側からすると自分の動きや営業の方法、もしかして失敗?と思えるような行動まで他の人に見えてしまうので、少々窮屈なツールにもなってしまいますが^^

それでも、営業計画、顧客情報分析などこれまで多くの時間を費やしてきたものが大幅に効率化されるわけですから、営業自体にもっと時間をかけることができるようになりますよね。

そして、この効率化こそ、顧客に良い影響が出るんです。営業マンがスムーズに業務を行うことで、顧客となる企業は次の事業計画、改善点、変更点などをすぐにアクションを取ってもらうことができるようになるんです。

顧客となる会社としては、このように最新のシステムを使いこなし、効率化が進んでいる会社とお付き合いしたいですね^^

CRMの連携が大切

9月 4th, 2016 Posted by admin

営業支援システムといえばCRMとSFAですが、この2つのシステムには切っても切れない関係があります。と言いますか、CRMの中の1つの機能としてSFAがあるとも解説する人がいるくらいですから、関係があると言うのは当然なんですね。

そのため、もしSFAを社内に導入する際にはCRMとの連携をうまく行うことも大切です。すでにCRMを使っている場合には、これから導入するSFAと連携させ、効率的に利用できるように業者とも一緒になって構築することが重要です。また、まだCRMの導入がなくSFAだけの導入を考えている場合には、両方の機能を持ったシステムを検討することがおすすめされています。

もしかしたらそうなのかもしれませんね。営業活動のみに絞ったシステムよりも、そこから顧客関連の枠組みも連携できればさらに営業の幅が広がるわけですから。

コストもかかり、選択にも時間がかかると思いますが、自分の会社、仕事スタイルに応じてどれくらいまでの範囲のシステムが一番合うのかを確認すると良いですよ!

sfa とはなにか分からない人はこちらのリンクで製品を直接見た方がわかりやすいかも